日本人の包茎手術の認識

日本での包茎手術の認識はどのようなものでしょう。

包茎手術の印象

日本人の包茎手術の認識

日本では包茎手術するのもかっこわるいというイメージが少しあり、男子の中では包茎はもとより包茎手術したことを周りに言わない場合も多いと思う。

陰茎は見た目がどうこうより、セックスする時にちゃんと使えるかどうかが本質なので、普通のときの大きさで包茎かどうかをあまり悩む必要はないとも考えられます。

気になるとしたら温泉や銭湯の着替えや入浴くらいではないでしょうか。

包茎に対する悩みが大きいなら包茎手術すればいいでしょう。

高校生くらいになると陰茎が剥けているか剥けていないかで男子の間では必ず話題になり、包茎の人は一度くらいちょっと悩んだりするものです。

高校生では経験も少ないセックスでは、仮性包茎は基本的に剥けるので問題になりません。

真性やカントンといった包茎では重症なので包茎手術をした方がいいでしょう。

日本人は仮性包茎がほとんどであると言われているので包茎手術をする人が少ないのかもしれません。

包茎が悪いイメージなのにはちゃんとした根拠があるというよりは何となく不衛生の印象があるくらいです。

きちんと洗って清潔さを保っていれば、勃起してセックスにも使える陰茎なら男性として自信を持つべきです。

包茎手術も悩むほどではなく気軽に受けられるようになればいいのですが。


Copyright (C) www.newtennisdress.com. All Rights Reserved.

包茎手術の印象